こんにちは。さいたまのたぬきです。

今日の絵本は可愛らしいねずみのおはなしだけど
実は人生について静かに教えてくれるそんな絵本から

タイトル・・・「アレクサンダとぜんまいねずみ ともだちをみつけたねずみのはなし 」

作者・・・「 レオ・レオニ 」

絵・・・「 レオ・レオニ 」

訳・・・「 谷川俊太郎 」

出版社「 好学社 」

画像楽天さんより


<<どんな絵本?>>

とある家に住むネズミ「アレクサンダ」はうちの人から
とても嫌われていました。
そんなときであった一匹のねずみ「ウィリー」。

二人は早速仲良しになりましたが、
実はウィリーはゼンマイで動くねずみのおもちゃでした。

ウィリーはとてもかわいがられていて夜女の子のベッドで
一緒に眠ることができたりアレクサンダをとても羨ましがらせますが

ある日新しいおもちゃたちが来るとゴミ箱に捨てられてしまいます。
そこでアレクサンダはまほうのこいしをもってトカゲに会いに行くのです。

<< 感 想 >>

スイミーはじめたくさんの絵本を描いているレオ・レオニさんの絵本。

出てくるねずみたちの可愛らしさ、いきいきとした
姿にまずは目を奪われます。

そして谷川俊太郎さんが訳した本文。

友達とは、他人を思いやること、
物を大事にすることや、相手が恵まれているように見えても
実は違うのかもしれないということ

たくさんのことを投げかけてきます。
受け取り手によって全く違った印象になるそんな絵本かもしれません。

ちやほやされるウィリーのようになりたくて夢を叶えてくれるトカゲにあうために
必要なむらさきいろのこいしを探すアレクサンダ。

しかし、ゴミ箱にすてられてしまったウィリーをみて
必死にいのったのはウィリーの事でした。

何度も何度もそれこそ大人になっても読むことで
何かを得られるのではないかという本物の絵本の一つだと思います。

そうそう最後のページの二匹がとてもかわいいです。



<<詳細や他の方の感想はこちらから>>
【楽天ブックスならいつでも送料無料】アレクサンダとぜんまいねずみ [ レオ・レオニ ]

良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

良かったらご覧ください

おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。絵本はここと内容かぶりますが埼玉県のお出かけ情報はここにあります。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • たぬきの日記。日々のあれやこれや、時々出かけた先で見つけたおいしいもの情報も。
  • さいたまのたぬきのblog