こんにちは。さいたまのたぬきです。

「相手は子供だからね」
ということが多かったという赤羽末吉さん。

子ども相手なのだから絶対に手は抜けないと
仕事に取り組んでいたようです。

例えばヤマタノオロチでクシナダ姫は
櫛に姿を変え隠れるのが大筋になっていますが

現地に行きしっかりした取材と調査の結果
おとりとなり立ちすくむ絵を描いたりしています。

今回はそんな赤羽末吉さんの
「私の絵本ろん」の紹介です。



絵本を少しでも読んでいるかたなら一度はその絵を目にしているのではと思う赤羽末吉さんの絵本論。

「スーホの白い馬」
「おおきなおおきなおいも」
「つるにょうぼう」
などなど描いた心境や背景などを赤羽さん特有の語り口で書いています。

タイトルに中・高校生のためのとあるように
非常に読みやすく
お子さんに赤羽さんの絵本を読み聞かせしようと考えている方
にはよりその情景の説明などをしやすく
お子さんに興味を引いてもらえるきっかけになると思います。

おそらく絵本をたくさん読んでいると
1度は手にすると思われる赤羽さんの絵本。

その絵に意図された思いを知ることができます。
どうしてそこでその絵なのか?

使用する紙の材質や本の向きまで考えて作ったという赤羽さんの
文章を読むことによって
絵本を見る目が変わるといっても過言ではないと思います。

どうやって絵本に取り組んだらいいかわからないかた、
またもっと絵本のこと知りたい方にお勧めします。

他の方の絵本評論もあり次の1冊を探すのにもおすすめです。
表紙の画像と他の方の感想調べようにアフィリエイトの記事
貼ってありますが今は新品は品切れのようです。

図書館などに置いてあると思いますが、なかなか見つからないかも・・・
しかしながら絵本好きの方にはぜひとも読んでいただきたい1冊です。

この本の詳細・他の方の感想はこちらから

【楽天ブックスならいつでも送料無料】私の絵本ろん [ 赤羽末吉 ]

良かったら応援お願いします~(^^♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

良かったらご覧ください

おすすめ絵本と埼玉県内中心とした公園などのお出かけ情報を書いています。絵本はここと内容かぶりますが埼玉県のお出かけ情報はここにあります。
  • 子育て情報帖

  • たぬきの読んだ本(小説・新書・コミックなど)について自分の備忘録もかねて紹介しています。
  • たぬきの本棚

  • たぬきの日記。日々のあれやこれや、時々出かけた先で見つけたおいしいもの情報も。
  • さいたまのたぬきのblog